1110円 3980円以上送料無料!! ニシキしょうゆ 法隆寺醤油 新鮮ボトル 200ml 有機濃口醤油 国産 自然栽培 本醸造 奈良 海の精[宅急便・3980円以上送料無料対象] 食品 調味料 しょうゆ 濃口しょうゆ 3980円以上送料無料 ニシキしょうゆ 法隆寺醤油 物品 新鮮ボトル 200ml 有機濃口醤油 国産 奈良 自然栽培 3980円以上送料無料対象 本醸造 海の精 宅急便 奈良,200ml,有機濃口醤油,ニシキしょうゆ,海の精[宅急便・3980円以上送料無料対象],sibai-rb.ru,/lactify469843.html,新鮮ボトル,食品 , 調味料 , しょうゆ , 濃口しょうゆ,1110円,国産,3980円以上送料無料!!,自然栽培,本醸造,法隆寺醤油 3980円以上送料無料 ニシキしょうゆ 法隆寺醤油 物品 新鮮ボトル 200ml 有機濃口醤油 国産 奈良 自然栽培 3980円以上送料無料対象 本醸造 海の精 宅急便 1110円 3980円以上送料無料!! ニシキしょうゆ 法隆寺醤油 新鮮ボトル 200ml 有機濃口醤油 国産 自然栽培 本醸造 奈良 海の精[宅急便・3980円以上送料無料対象] 食品 調味料 しょうゆ 濃口しょうゆ 奈良,200ml,有機濃口醤油,ニシキしょうゆ,海の精[宅急便・3980円以上送料無料対象],sibai-rb.ru,/lactify469843.html,新鮮ボトル,食品 , 調味料 , しょうゆ , 濃口しょうゆ,1110円,国産,3980円以上送料無料!!,自然栽培,本醸造,法隆寺醤油

3980円以上送料無料 ニシキしょうゆ 法隆寺醤油 物品 新鮮ボトル 200ml 有機濃口醤油 国産 奈良 今だけ限定15%OFFクーポン発行中 自然栽培 3980円以上送料無料対象 本醸造 海の精 宅急便

3980円以上送料無料!! ニシキしょうゆ 法隆寺醤油 新鮮ボトル 200ml 有機濃口醤油 国産 自然栽培 本醸造 奈良 海の精[宅急便・3980円以上送料無料対象]

1110円

3980円以上送料無料!! ニシキしょうゆ 法隆寺醤油 新鮮ボトル 200ml 有機濃口醤油 国産 自然栽培 本醸造 奈良 海の精[宅急便・3980円以上送料無料対象]




【商品名】
ニシキしょうゆ 法隆寺醤油 新鮮ボトル 200ml 有機濃口醤油 国産 自然栽培 本醸造 奈良 海の精

【特徴】
有機大豆・有機小麦を100%使用した穀物本来の甘みと香り、
平釜塩「伊豆大島 海の精」を使用した繊細な旨みが特徴。
搾りたての香り、色、味をお楽しみいただけます。
お子様にも安心の有機しょうゆです。

【商品詳細】
1.北海道十勝の有機JAS取得農場「北海道折笠農場」で肥料・農薬を一切使わずに、雑草をできるだけ間引かず自然な状態で育て、収穫された有機大豆と有機小麦。
2.自然に囲まれた伊豆大島で、黒潮が運ぶ清らかな海水を太陽と風の力で濃縮し、平釜で結晶を作り出す製法で作られた塩「海の精」。
3.創業以来「奈良いかるがの里」で育まれている酵母菌群「ニシキ醤油酵母菌群」。
これら昔ながらの材料で造られたオーガニック醤油です。

こだわりの容器には、酸素バリア性が高いボトルが使用されているので、醤油の酸化を防ぎます。開封してから100日間、常温保存でご賞味いただけます。

≪酵母菌について≫
酵母菌は、私たちの身の回りのあらゆるところに生息しています。種類は場所によって異なり、温度・湿度などの環境やさまざまな刺激によって働きが変わります。
その酵母菌などの微生物の働きによって、醤油の奥深い味わいが生み出されるのです。
ニシキ醤油では、酵母菌が十分に活躍できる環境を整え、代々育まれている酵母菌を守り続けています。

【メーカーのこだわり】
「毎日使うからこそ、より良いものを」との思いから、オーガニック醤油「法隆寺醤油」が生まれました。また、ニシキ醤油株式会社は明治33年創業の老舗であり、古来からの醤油屋としての仕事を未来へ受け継いでいます。酵母菌の活性を主体にして醸造する伝統的な製造法と、衛生的かつ近代的な製造法を組み合わせることで、高い品質の醤油を作り続けています。

【原材料】
有機大豆(国産)、有機小麦(国産)、食塩

【栄養成分表示】
(大さじ1杯15mlあたり)
熱量:10kcal
たんぱく質:1.4g
脂質:0g
炭水化物:1.2g
食塩相当量:2.18g

【内容量】
200ml

【原産国】
日本

【保存方法】
直射日光を避け常温で保存

【注意】
開封後は常温で保存し、100日間を目安にご使用ください。

#本醸造 #ニシキ醤油 #有機 #法隆寺醤油

JANコード
4951326798033

3980円以上送料無料!! ニシキしょうゆ 法隆寺醤油 新鮮ボトル 200ml 有機濃口醤油 国産 自然栽培 本醸造 奈良 海の精[宅急便・3980円以上送料無料対象]

図書

小島貞男 [ほか]編

詳細情報

タイトル 環境微生物図鑑
著者 オープン記念!国産カーマット トヨタ エスティマ 50系 ガソリン車 フロアマット 前期・後期 ESTIMA 純正仕様 内装 パーツ カスタム アクセサリー
著者標目 小島, 貞男, 1916-2012
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社講談社
出版年月日等 1995.12
大きさ、容量等 758p ; 27cm
注記 付: 文献
ISBN 4061534068
価格 38000円 (税込)
JP番号 96035991
出版年(W3CDTF) 1995
件名(キーワード) 微生物--図鑑
関連キーワードを取得中..
件名(キーワード) 環境問題
関連キーワードを取得中..
NDLC RA4
NDLC RA611
NDLC NA217
NDC(8版) 465.038
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 環境微生物図鑑
  • 推薦の言葉 iii
  • はじめに v
  • 凡例 xv
  • [総論]
  • 第1章 環境微生物 1
  • 1.1 細菌・菌類 1
  • 1.1 A. 細菌 2
  • 1.1 B. 菌類 7
  • 1.2 微細藻類 10
  • 1.2 1.2.1 微細藻類の綱の分類 10
  • 1.2 A. 藍藻綱 12
  • 1.2 B. 紅藻綱 12
  • 1.2 C. クリプト藻綱 13
  • 1.2 D. 黄金色藻綱 14
  • 1.2 E. ラフィド藻綱 14
  • 1.2 F. 珪藻綱 15
  • 1.2 G. ハプト藻綱 15
  • 1.2 H. 黄緑藻綱 16
  • 1.2 I. 渦鞭毛藻綱 16
  • 1.2 J. プラシノ藻綱 17
  • 1.2 K. 緑藻綱 17
  • 1.2 L. 車軸藻綱 18
  • 1.2 M. ミドリムシ藻綱 18
  • 1.2 1.2.2 微細藻類の生態 19
  • 1.2 A. 微細藻類の生活圏と栄養戦略 19
  • 1.2 B. 微細藻類の生活型 19
  • 1.2 C. 微細藻類の増殖を支配する環境因子 20
  • 1.3 原生動物 25
  • 1.3 1.3.1 分類学上の諸問題 25
  • 1.3 1.3.2 形態学的側面 26
  • 1.3 A. 核 27
  • 1.3 B. 細胞質 28
  • 1.3 C.運動装置30
  • 1.3 1.3.3 生態学的側面 32
  • 1.3 A. 温度 32
  • 1.3 B. 光 33
  • 1.3 C. 水の化学組成 33
  • 1.3 D. 水素イオン濃度(pH) 34
  • 1.3 E. 食物 34
  • 1.4 微小後生動物 35
  • 1.4 A. 扁形動物 35
  • 1.4 B. 袋形動物 36
  • 1.4 C. 軟体動物 38
  • 1.4 D. 環形動物 39
  • 1.4 E. 緩歩動物 39
  • 1.4 F. 節足動物 40
  • 第2章 微生物と環境 44
  • 2.1 微生物の特徴と環境での役割 44
  • 2.1 2.1.1 環境微生物の特徴 44
  • 2.1 2.1.2 生態系 45
  • 2.1 2.1.3 物質循環 45
  • 2.1 A. 炭素の循環 46
  • 2.1 B. 窒素の循環 46
  • 2.1 C. リン、その他の循環 47
  • 2.1 2.1.4 微生物と地球環境 48
  • 2.2 微生物の増殖と環境 50
  • 2.2 2.2.1 微生物の増殖 50
  • 2.2 A. 微生物の増殖曲線 50
  • 2.2 B. 微生物の増殖速度 50
  • 2.2 C. 微生物の増殖と基質濃度 51
  • 2.2 2.2.2 微生物の栄養 52
  • 2.2 A. 微生物の栄養源 52
  • 2.2 B. 微生物の栄養要求の形式 53
  • 2.2 2.2.3 環境要因 54
  • 2.2 A. 環境要因と制限要因 54
  • 2.2 B. 温度 54
  • 2.2 C. 酸素 55
  • 2.2 D. 水素イオン濃度(pH) 55
  • 2.2 E. 浸透圧 55
  • 2.2 F. 光 55
  • 2.2 2.2.4 微生物種問の相互作用 56
  • 2.3 微生物による環境評価 57
  • 2.3 2.3.1 微生物を用いる意義 57
  • 2.3 2.3.2 汚水生物系列 57
  • 2.3 2.3.3 富栄養化の指標生物 60
  • 2.4 微生物による処理機能の診断 62
  • 2.4 2.4.1 微生物学的診断の意義 62
  • 2.4 2.4.2 活性汚泥の指標生物 63
  • 2.4 A. 活性汚泥の微生物相 63
  • 2.4 B. 指標微生物 65
  • 2.4 2.4.3 生物膜の指標生物 66
  • 2.4 A. 生物膜の生物相 66
  • 2.4 B. 指標生物 66
  • 2.4 2.4.4 水道の指標生物 67
  • 2.5 微生物を用いた生物検定 68
  • 2.5 2.5.1 生物検定の意義 68
  • 2.5 2.5.2 藻類増殖の潜在能力 68
  • 2.5 2.5.3 有害物質の影響 70
  • [各論]
  • I. 細菌・菌類
  • I. 細菌Bacteria 73
  • I. 真菌Eumycota 104
  • I. 鞭毛菌・接合菌Mlastigomycotina,Zygomycotina 104
  • I. 不完全菌Deuteromycotina 113
  • II. 微細藻類
  • II. 藍藻綱Cyanophyceae 131
  • II. ネンジュモ目Nostocales 131
  • II. クロオコックス目Chroococcales 177
  • II. 紅藻綱Rhodophyceae 185
  • II. カクレイト目Cryptonemiales 185
  • II. ウミゾウメン目Nemaliales 186
  • II. クリプト藻綱Cryptophyceae 187
  • II. クリプトモナス目Cryptomonadales 187
  • II. 黄金色藻綱Chrysophyceae 190
  • II. クリンカプサ目Chrysocapsales 190
  • II. オクロモナス目Ochromonadales 190
  • II. ペディネラ目Pedinellales 196
  • II. ラフィド藻綱Raphidophyceae 198
  • II. ラフィドモナス目Raphidomonadales 198
  • II. 珪藻綱Bacillariophyceae 210
  • II. 中心目Centrales 210
  • II. 羽状目Pemales 236
  • II. ハプト藻綱Haptophyceae 299
  • II. イソクリシス目Isochrysidales 299
  • II. プリムネシウム目Prymnesiales 301
  • II. パブロバ目Pavlovales 307
  • II. 渦鞭毛藻綱Dinophyceae 308
  • II. プロロケントルム目Prorocentrales 308
  • II. ディノフィシス目Dinophysidales 316
  • II. ギムノディニウム目Gymnodiniales 320
  • II. ノクチルカ目Noctilucales 330
  • II. ペリディニウム目Peridiniales 332
  • II. プラシノ藻綱Prasinophyceae 369
  • II. マミエラ目Mamiellales 369
  • II. プラシノモ目Prasinocladales 370
  • II. プセウドスコールフィールディア目Pseudoscourieldiales 372
  • II. ピラミモナス目Pyramimonadales 373
  • II. 緑藻綱Chlorophyceae 378
  • II. カエトフォラ目Chaetophorales 378
  • II. クロロコックム目Chlorococcales 382
  • II. シオグサ目Cladophorales 396
  • II. サヤミドロ目Oedogoniales 401
  • II. クダモ目Codiales 403
  • II. ヨツメモ目Tetrasporales 404
  • II. ヒビミドロ目Ulotrichales 407
  • II. アオサ目Ulvales 409
  • II. ボルボックス目Volvocales 410
  • II. ホシミドロ目Zygnematales 422
  • II. 車軸藻綱Charophyceae 429
  • II. シャジクモ目Charales 429
  • II. ミドリムシ藻綱Euglenophyceae 431
  • II. ミドリムシ目Euglenales 431
  • II. ユートレプチア目Eutreptiales 445
  • III. 原生動物
  • III. 鞭毛虫類Mastigophora 451
  • III. クリプトモナス目Cryptomonadida 451
  • III. ユーグレナ目Euglenida 451
  • III. クリソモナス目Chrysomonadida 456
  • III. ボルボックス目Volvocida 459
  • III. 襟鞭毛虫目Choanoflagellida 459
  • III. キネトプラスト目Kinetoplastida 463
  • III. ディプロモナス目Diplomonadida 468
  • III. 肉質虫類Sarcodma 469
  • III. アメーバ目Amoebida 469
  • III. シゾピレヌス目Schizopyrenida 475
  • III. ぺロミクサ目Pelobiontida 481
  • III. アルケラ目Arcellinida 481
  • III. 無殻目Aconchulinida 492
  • III. グロミア目Gromiida 497
  • III. デスモトラカ目Desmothoracida 503
  • III. アクティノプリス目Actinophryida 504
  • III. 繊毛虫類Ciliophora 507
  • III. 原口目Prostomatida 507
  • III. 側口目Pleurostomatida 517
  • III. カリオレリクタ目Karyorelictida 522
  • III. コルポーダ目Colpodida 523
  • III. ナスラ上目Nassulidea 528
  • III. フィロファリンジア上目Phyllopharyngidea 534
  • III. 吸管虫目Suctorida 540
  • III. 膜口目Hymenostomatida 546
  • III. スクーティカ繊毛虫目Scuticociliatida 560
  • III. 縁毛目Peritrichida 563
  • III. 異毛目Heterotrichida 583
  • III. 歯口目Odontostomatida 597
  • III. 少毛目Oligotrichida 599
  • III. 下毛目Hypotrichida 611
  • IV. 微小後生動物
  • IV. 扁形動物門Plathelminthes 631
  • IV. 袋形動物門Aschelminthes 632
  • IV. 腹毛綱Gastrotricha 632
  • IV. 線虫綱Nematoda 634
  • IV. 輪虫綱Rotatoria 645
  • IV. 軟体動物門Mollusca 667
  • IV. 環形動物門Annelida 669
  • IV. 緩歩動物門Tardigrada 680
  • IV. 節足動物門Arthropoda 682
  • IV. 甲殻綱Crustacea 682
  • IV. 昆虫綱Insecta 701
  • IV. 原索動物門Protochordata 705
  • [付録]
  • 検索表
  • 微細藻類 709
  • 原生動物 720
  • 用語解説 727
  • [索引]
  • 事項索引 739
  • 和名索引 744
  • 学名索引 747

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.